プレ花嫁母のつぶやき

最終更新日時 : 2019-06-26

久々の更新となってしまいました(-“-)

 

このところ、なんだか公私ともに慌ただしくバタバタとした毎日。
次女の結婚式のまであと3ヵ月・・・。
次女「試食会とアイテムフェアがあるから来てよ~」 との連絡があり、夫と行く予定でしたが夫が仕事の都合で難しくなり、急遽、三女に出動依頼。(料理を人数分予約してしまったので・・・)
8月某日、都内某結婚式場へ向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

※写真はイメージです
その日のメンバーは次女・彼・私・三女。
彼のご両親は遠方の為、今回は都合がつかず、こんな微妙なメンバーでアイテムフェア、試食会は始まったのです(笑)

 

 

アイテムフェアでは、まず会場に通され
円卓に4人で腰を掛けて、変わるがわる担当さんが来てお話しをしていきます。

 

 

 

 

 

 

※写真はイメージです
最初は、当日のカメラマン撮影、アルバム、ビデオ撮影、映像、BGMなどなど・・・。
分かってはいても、やはり全て素敵なお値段(笑)

カメラマンは私の友人を招待するのでそこはクリア。
映像は娘から既に依頼されてるので、オープニング・プロフィールはいいとして・・・
娘が「やりたい!!」と言い出したのは出し撮って出しエンドロール。
式場価格ではありますが、式場カメラマンしか入れない(という・・・)お支度シーンなども撮影されるので記念に残したい!という女心でございます。16万円也。
彼が小声で「お母さん・・・こんな高いのみんなやってるんですか!?」
私も小声で「まぁ・・・定番化しているかもしれないよね・・・。苦笑」

 

 

 

その後は、場所を移動して演出系の会場へ・・・
バブルシャワーや、LEDのキャンドル、その他ちょっと変わったキャンドル演出など、いくつか展示してありました。

 

 

 

 

 

 

 

娘が気に入ってたのは、↑こんな感じのキャンドルタワー。8万円也。
そしてバブルシャワーも気にいったらしい。2万円也。

プカプカ噴射されるシャボン玉を見ながら
彼が小声で「お母さん・・・このシャボン玉、ひと玉あたり、いくらなんでしょう・・・・(遠い目をして)」

 

 

 

 

その後、会場装花の会場へ・・・
各テーブルに設置された卓上花、何パターンかの高砂。

 

 

 

 

 

 

 

 

※写真はイメージです。
確かに、見栄えのする高砂はデーンとセンターに飾られ、私のようなお花関係シロウトさんでも一目瞭然でどれが一番高いかわかります。プランも3パターンくらいあって、担当の方の説明が微妙だったため、いまいち微妙な理解度しかなかったけれど、なんにしても高額であることは分かりました。

 

私も、こうした仕事をしている関係でブライダル専門のフローリストの知人もいるので原価はだいたい分かります。分かるだけに「高すぎるやろ・・・・」と思ってしまいますが、まぁ、この式場を娘が選んでしまった以上、仕方ない。
彼が小声で「お母さん・・・俺には花の事はまったく分からないけど、花ってこんなに高いんですか?」
私「まぁ・・・式場価格だよね(苦笑)」

 

 

 

その次はヘアメイク、引き出物コーナーへ・・・。
ヘアメイクは特に変更事項や追加の話しもなかったので、すんなりと引き出物を見に行きました。思ったほど種類が多くなかったけれど、ここも確かに式場価格。某企業でやられている「ヒキタク」の方が全然いいなぁ・・・と思いつつ、娘とあれこれ見ていましたが・・・

 

そんな数々の品を見て私が思ったのは「なぜか、ここの式場の引き出物はちょいちょい社名が入っている。主張が強い!」(千鳥っぽく)

 

そんな感じでウロウロしていると、式場の方が
「試食会のご準備ができましたのでどうぞ」とのこと。
朝10時~14時までがっつりアイテムフェアだったので、かなりのすきっ腹でした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※写真はイメージです。
中に入ると披露宴のようにきっちりと装飾されていました。なんでも模擬披露宴も兼ねているそうで、新郎新婦入場から順を追って食事も進行します。これはなかなかリアリティーがあって良かったです(^^)

 

 

食事は18,000円コースと20,000円コース。
円卓に4人で座り、次女と三女は18,000円コース。
彼と私は20,000円コースをいただきました。

 

さすがに食事は文句なくうまい!!

 

 

いや、他も文句があるわけではないのです。とても素敵な式場と、最高のホスピタリティだと思います。ただ、いろいろ高い(笑)
しかしながら、シャンパンもいくつも試飲させていただいたり、食事も本当に美味しくてお腹いっぱい♪
まぁ、あとはお値段との相談です。

 

そりゃぁ、高い方が美味しいです(笑)
でも18,000円コースでも十分すぎるほど。
彼曰く「お母さん、食事と飲み物は妥協したくないんです!!」
そうね、そうよね・・・飲食系のエリアマネージャーしてる人がしょぼい食事でおもてなしってのもね・・・。
食事、飲み物は唯一、彼の妥協できないポイントだそうで、決意が固かったです。
なので、ここは彼におまかせで(*^^*)

 

試食会は4人とも大満足な内容でした。
模擬披露宴も良かったです。

まぁ、あとは今後ドーンと出てくる見積りとにらめっこしてもらって、どこが節約ポイントか考えていく感じでしょうね。私はブライダル関係の仕事をしているのでアドバイスを求められればするつもりですが、基本は2人を生暖かく見守るつもりです(笑)

 

 

こんな1日を終えて、一緒に付き合ってくれた三女は
三女「楽しかったけど、私は結婚式したくないかも・・・・」
私「え?なんで?」
三女「金がかかりすぎる・・・・」
私「それな」

 

 

私も身内として結婚式に向き合うようになり、プレ花嫁の”結婚式へのあこがれの気持ち” ”一生に一度の大事なセレモニー”に対するいわゆる「女の子の夢」と裏腹に、現実に降りかかってくる金額(見積り)との闘いに、「本当に、プレ花嫁さんて大変だなぁ」としみじみ実感しました。
その後、娘にムービー用の動画撮影や衣装合わせの予定を聞こうとラインをしたら・・・
「も~、これから仕事だし、みんなしていろいろ聞いてこないで!!」
と怒られ(T_T)しょんぼりな私・・・。
娘、そうとう殺気立ってます(笑)

 

 

気を取り直しまして・・・
こんな私も試食会を終えて、少しでもプレ花嫁さん達の手助けができたらいいなぁ。
T.STARSはそれを実践できる制作事務所になれたらいいなぁ。
なんて改めて考えさせられた1日だったのです。

 

プレ花嫁のみなさん、頑張ってください!!

 

 

これを共有する。
PAGE TOP