その節約は適正かな?

こんにちは(*^^*)
ウェディングムービーのT.STARS-movieです。

 

さて今日はマジメに結婚式準備においてのムービー制作の「節約」について書いてみたいと思います( ..)φ なんだか久しぶりにマジメな記事だなぁ・・・(笑)。

他のムービー制作会社さんのコラムなどでも同じような記事が既にたくさんあります。今回、私が書いている内容もほぼ同じだとは思いますが、ムービー屋さんがこうした記事を書くのはなんでだろ?と改めて理由を知っていただけたら嬉しいな・・・と思いますm(__)m

 

 

結婚式の節約

 

 

 

 

 

 

SNSを見ていて結婚式費用の「節約」の話題は本当に多いと思います。確かに大きなお金が動く事ですから少しでもコストを抑えたい!でも一生に一度のことなので譲れない部分もある!これは誰しもぶち当たる壁なのかと思います。

それに結婚式の見積もりが具体的になってくるのは、けっこう後半戦に入ってから・・・。本当に予定が立てずらいのだろうと思います。

 

 

 

やることリスト

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、お忙しいなかの準備なので「やることリスト」を早々に作られる方も多いですね。これは大事だと思います。リストの中に必ず「ムービー作成」を入れているはずなのに、なぜか着手するのは最後の方になる(+_+)

確かにお式のテーマだったり、その他の演出などとの兼ね合いで、だいぶ後半になって「どんなムービーにしようか」というのが見えてくるんだと思います。そんな中で写真・映像関係は「どう節約するか?」のポイントになってくるんだと思います。

 

 

 

適正価格

さて、ここであえて物の適正価格について、ちょっとだけお話ししたいと思います(*^^*)
ご存知の通り、物には価格があります。
ムービー制作にも各社それぞれ価格があります。各社それぞれ価格が違うのはいろいろな理由があります。ムービー制作というとほとんど作る手間賃じゃない?と思われると思います。「その手間賃がなんでそんな何万もするの??そんなのもったいないから自分で作る!」と思いがちですが、ただ手間だけでなく、そこに関わる開発、技術、マーケティング、宣伝などなど製品として販売するまでいろんな工程を経ています。

 

 

 

 

 

 

 

人の手間はタダではありません。
ムービーを作る時には、構成や観やすさ、お客様が作りやすいか?上映時にゲスト様へどう観えるか、不具合が無いように・・・。などなど気付かないような事ですが、細かい部分まで計算されて作られています。業者さんとスムーズなやりとりが可能なのは、こうした土台作りもしっかりされているから。

また、何かあった時も対応してくれたりという安心感もあります。
いろんな事が含まれて各社、ムービーの価格というものが決定しています。
気付かないけれど、あたりまえのように完成されている。これがプロに任せる最大の安心感なのではないでしょうか。

 

 

 

だけどやっぱり自作したい時の注意点

先ほどの適正価格のお話しで、ムービーの価格が単なる「手間」だけでないのはお分かりいただけたかと思いますが、それでもやっぱりお金はかけたくない!という場合は自作になると思います。
完全に1から自作も、半自作の場合もある程度お時間を確保しておいた方が良いと思います。ムービー制作は思ったより時間がかかるものです。他の準備やDIYしなくちゃいけないものも沢山ある中でムービー制作はかなり負担になってきます。

 

また、何かお安いテンプレートやアプリなど使用する際もよくよく注意事項や使い方を読んだうえで購入してください!かならず重要な事は記載されているのでそれを見落とさないように、結局いくらかかるのか?どこまでサポートしてくれるのか?このテンプレートを使うには何か他に必要なものがあるのか?DVDに焼く手順の確認などなど、必ずしつこいくらい確認してから着手してくださいね(*^^*)

 

 

 

 

よくあること

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりできなかった・・・・。
ギリギリまで頑張ってみたけど仕事も準備も忙しく、もうできなくなる事がよくあります。実際、そうしたお客様もとても多くいらっしゃいます。お式ギリギリでムービーの依頼をすると「急ぎ料金」など発生する場合もあり、普通頼むより割高になってしまうこともあります。

T.STARSでは「急ぎ料金」の設定はありませんが、制作スケジュールがかなりタイトになってしまい、校正の回数などが少なくなってしまったりします( ;∀;)

 

 

 

スケジュールは逆算してみる

 

 

 

 

 

 

 

 

これも実際、難しいかもしれませんが
目的地点を挙式当日として、そこから逆算してみるといいかもしれません。

挙式当日(搬入日)までに何が必要か?
ウェルカムスペースに飾るものやムービー関係・・・。そうした制作物には前撮りの写真を使いたい!となると、いつまでに前撮りを済ませれば、制作物に間に合うか?

自作の場合は作るものを明確にリストアップして十分な制作時間を確保する。
業者に頼むものは、それぞれ納期があるので確認をする。
そうすると、ざっくりと何をいつから着手すれば良いか見えてくるかと思いますよ♪

 

 

 

時は金なり

 

 

 

 

 

 

 

何においても準備するにあたっては時間は貴重です。
昨今のDIYブームで手作りしたいものは沢山あるかと思います(*^^*)。手作りには「節約」ということも兼ねていますが、それにかかる材料費+作業時間を考えてみるとそのDIYの費用対効果というものが見えてくるかと思います。無限に時間があれば良いのですが、限られた時間、仕事や家事の合間をぬってやるには労力が大きすぎると精神的にイライラしてきます(-“-)

 

どれを手作りして、どれを業者に任せるか?
よくよく吟味することが最大の節約(時間とお金の節約)になるのかな?なんて思います。

 

 

 

あるプレ花嫁さまの言葉

その方も、最初はムービーは自作しようと考えていたそうですが、手作りしたいものも沢山あったり、日常も忙しい・・・。という事でムービーをお任せいただくことになったのですが、「ムービーを自作するのにどれだけ時間が必要かは分からなかったけど、結局、お任せして良かったです。その時間を他の事にあてることができました!」とのお言葉をいただきました。

 

本当に、そう感じていただけて良かったな(*^^*)と思います。
ムービーはポイっと業者に任せて、その時間を他のことにあててほしいと思います。自分磨きのエステでも、ドレス試着巡りでも、何かDIYでも・・・・。寝不足になりながら、肩こりしながらムービー制作するよりも、ゆったりと過ごしていただけたらいいな。と思います(*^^*)

これを共有する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバック URL

https://t-stars.info/20181208column/trackback/

PAGE TOP